居宅介護支援

在宅でサービスを受けるには



(1)認定 申請により、介護の必要度が7段階で認定されます。

 

(2)相談 利用者に合ったサービスを利用していただけるようアドバイスします。
 

(3)計画 要介護度に応じて本人・家族と相談の上、ケアマネージャーがケアプランを作成します。

(4)開始 作成されたケアプランがスムーズに開始されるように各事業者への調整をします。

(5)見直し 定期的な再評価と随時状態の変化に応じたプランの見直しや変更をします。
 

■ご利用料金<相談やケアプランの作成>

全額介護保険から支払われるので、利用者の自己負担はありません。
 

 

指定居宅介護支援事業所 のんびり

Tel.0267-77-7775 (不在・夜間 Tel.080-1259-2535)

自分らしく暮らしましょう

「自分らしく暮らしたい」その願いがかなえられるようにサポートします。

P2160652.JPG
居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)とは・・・

居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。

​居宅介護支援は特定のサービスや事業者にかたよることがないよう、公正中立に行うこととされています。